調剤薬局が発信する甲状腺疾患について解説するサイト

専門病院の特徴

甲状腺には重要なホルモンを作る役割があり、異常が起こると全身にさまざまな症状が現れます。自律神経失調症や更年期障害などの病気と間違われることも少なくないので、専門医による適切な診療が望ましいです。 甲状腺疾患は専門性の高いとても狭い領域ですが、専門に診療している医師が少ないこと、特に外科系の甲状腺専門医が非常に少ないのが現状です。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

甲状腺疾患の専門医は圧倒的に内科の先生が多いので、大部分の甲状腺外来は内科医が担当しているとことがほとんどです。バセドウ病や橋本病などの甲状腺機能に異常が出る病気については、甲状腺内科医のほうが甲状腺外科医よりも学問的には詳しいことも少なくないのですが、「甲状腺のしこり(腫瘤、腫瘍、癌)」の診療については、圧倒的に外科医のほうが詳しいことは容易に想像されるところです。甲状腺のしこり、腫瘤の診かたは他の臓器とは大きく異なり、おそらく甲状腺を専門に勉強・経験を重ねてきた外科医でなければ適切な診療はできないと思われます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

では、腫瘤以外の甲状腺疾患は甲状腺外科医は診られないのか?というと、そんなことはありません。実際、外来では甲状腺腫瘤の診察は外科医が担当していたり、その他の橋本病やバセドウ病についても外科医は甲状腺専門医として普通に診療しています。

 

薬局