調剤薬局が発信する甲状腺疾患について解説するサイト

病院を受診するきっかけ

病気の種類によって症状はそれぞれ異なりますが、一般的に一番多い症状がくびのはれ、すなわち甲状腺腫で、鏡などを見て自分で甲状腺腫に気づくこともあれば、ほかの人に指摘されて病院を訪れる人が多いようです。 次に甲状腺の働きが亢進したり低下すると、さまざまな症状が現れ、こうした症状をきっかけに受診する人も少なくないようです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

「安静にしているのに、心臓がドキドキする」「手指が細かくふるえる」「暑がりになり、水をよく飲み、汗をたくさんかく」「イライラしやすくなった、落ち着きがなくなった」「肌が乾燥し、カサカサになった」「朝起きた時に、顔や手がむくむ」「昼間も眠く、居眠りをするようになった」「月経が不順になった」「よく食べているのにやせてきた」「体が冷え、寒がりになった」「体が重く、だるく感じるようになった」「食欲がないのに太ってきた」「便秘をしやすくなった」「くびにしこりがある」などです。 また、甲状腺の病気の一種であるバセドウ病では、眼が出ることが代表的な症状のようにいわれています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

すべての患者で眼が出るわけではありませんが、眼の症状をきっかけに受診する人もいます。
そして健康診断などでの指摘による人もあります。自分では健康なつもりでいる人でも、健康診断や人間ドックで甲状腺のはれが見つかったり、血液中の甲状腺ホルモン濃度を調べて異常が発見されることもあります。

 

薬局