調剤薬局が発信する甲状腺疾患について解説するサイト

甲状腺腫瘍

甲状腺にできる腫瘍(腫瘤・腺腫)を総称して、甲状腺腫瘍といい、良性と悪性の2つのタイプに分類されます。 良性腫瘍のほとんどは濾胞腺腫(ろほうせんしゅ)です。甲状腺がんには乳頭(にゅうとう)がん、濾胞がん、未分化がん、髄様(ずいよう)がんがあり、そのほかに悪性リンパ腫が甲状腺にできることがあります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

一方、悪性腫瘍(甲状腺がん)には乳頭腺がん、濾胞腺がん、髄様がん、未分化がんの4タイプに分けられます。未分化がんに以外は進行が遅く、がんの中では、比較的性質のおとなしいものです。
初期には自覚症状がないことがほとんどですが、前頚部にできる腫瘍なので、自分で触って気付くこともあります。声がかれたり、のどに違和感を覚えたりする人もいます。
予後のよい乳頭がんや濾胞がんでは甲状腺のはれ以外には自覚症状がなく、健康診断やかぜなどで医師にかかった時に偶然に指摘されることがほとんどです。また最近は、健康診断に首の超音波検査が含まれていることがあり、これで発見される場合は、まったく気がついていなかったということもよくあります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

一方、悪性度の高い未分化がんでは、甲状腺のはれが急速に大きくなり、痛みや発熱が起こります。さらに進行すると、周囲を圧迫して物が飲み込みにくくなったり、呼吸困難が起こったりします。

 

薬局

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理